煎茶堂東京の「割れない透明急須」がオシャレかつ実用性あって超オススメな件

「ていねいなくらし」を標榜する僕にとって、自宅でのティータイムやコーヒータイムは大事な時間の1つです。

好きな茶葉や豆を使うのはもちろんですが、最近は淹れる道具にもこだわるようになりました。

 

今回、僕がお茶を淹れる器具として新調したのが「割れない透明急須」。

 

お茶好きやオシャレな器具に興味のある方にはぜひ見ていただきたい記事です。

「煎茶堂」とお茶のシングルオリジンの話

今注目の、こだわりのお茶を提供するお店があります。

その名も「煎茶堂東京」。

美味しいお茶がある暮らし「煎茶堂東京」

 

先日出張でたまたま通りかかったとき、おしゃれな店内に惹かれて、
銀座店に入りました。

 

ここの取り扱っているお茶はなんと「シングルオリジン」

お茶のシングルオリジンは今回初めて知りました。

そもそもシングルオリジンとは、種類の指定のみならず、生産者や生産地域など、

原料へのこだわりという観点から近年かなり注目されています。

 

代表的なものはコーヒーですね。

これは僕もハマっていて、同じ地域の豆でも生産者によって味が結構変わったりして、

大変面白い世界です。

 

さて、お茶のシングルオリジン。

店内を見てみると、静岡や鹿児島のみならず、福岡や宮崎、埼玉なんかも!

全国各地の農家さんこだわりのお茶がズラーっと置いてありました。

 

試しに店内で試飲出来たのですが、こだわっているだけあって本当に美味しい。

またお茶の味のマッピングもあって大変勉強になりました。

「割れない透明急須」とは?

さて、その試飲時、目に止まったのは急須でした。

初見の感想は「透明でいびつ」。

普通の急須とは明らかに違う形でした。

その名も「割れない透明急須」

透明急須

 

「これ珍しいですね」と僕。

すると店員さんは「これ触っても全然熱くないんですよ!淹れてみます?」と。

 

実際淹れてみると本当に熱くない。

それに1人だとちょうどいいサイズ。

 

何より透明でスタイリッシュ。

透明な急須って、どうしても普通の急須の透明バージョンという感じのものが多く、

ボッテリして不格好な印象が拭えなかったんですよね。

以下の様なものとかその代表例。

 

その分、この透明急須はムダのないデザインで、そのまま棚に飾っても映えそうです。

しかも落としても割れないんだとか。

というわけで、結局お茶ではなく透明急須を買ってしまいました。

「割れない透明急須」でお茶を淹れてみた

さて自宅にて開封の儀です。

 

実際にお茶を淹れてみました。

説明書付きでお茶の淹れ方が書いてあります。

初心者にもわかりやすくて良いですね。

 

ちゃんと説明書通りに4g茶葉を計量して、時間も1分20秒計って

 

うん、ちゃんと淹れることが出来ました。

 

まぁこの急須で淹れるから格段に美味しくなる、ということは決してないのですが、

デザインや使い勝手には満足してます。

 

というわけで元々家にあった、少しダサめの急須はフリーマーケットへ売られることとなりました。

 

おわりに

今回の透明急須、オシャレでかわいいし、実用性もあるので本当にオススメです!

 

amazonや楽天にはなく、煎茶堂のオンラインもしくは店舗からしか買えません。

やはりオススメは店舗に行ってもらって試飲含めて試してもらうことですね。

 

この記事を書いて気づいたのですが、大阪の阪急うめだにも店舗があるみたいですね!

 

 

欲しい方はぜひ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Scroll to top