堂山食堂にて「マツコの知らない世界」に出たハムカツなどを食ってきた

飲ん兵衛の街、大阪。

朝から飲む人間も珍しくない街で、なんと24時間営業されているお店があります。

しかも、そのメニューの中には「マツコの知らない世界」で紹介されたハムカツがあるそう。

 

そのお店の名前は「堂山食堂」。

はたしてどんな雰囲気なのか?!

そして話題のハムカツはどんなものなのか?

大きな期待を胸に実際に「堂山食堂」に行ってみました。

「堂山食堂」の場所と営業時間

堂山食堂は、梅田駅から徒歩十分ほどのとこにあります。

 

営業時間はなんと24時間!

いつでも行けるとは、酒飲みにとって頼もしい限りです。

「堂山食堂」のお店の雰囲気

さてお店の雰囲気。

雑誌で見たときはかなり広めの店なのかなぁと思っていたのですが、

実際に行ってみるとかなりコンパクトな店内でした。

 

結構ガヤガヤワイワイとした賑やかなお店、といった印象でした。

グループで来店されている方もいれば、お一人で飲みに来ている方もいらっしゃいました。

色んな人から支持されているお店なんだなぁというのが垣間見れました。

「堂山食堂」で実際にハムカツや酒を堪能してきた

さて、実際に行ってきました。

メニュー表です。

やはりというか、さすがというか、全体的に安いですね。

定番の肴から揚げ物、刺し身や焼き物、〆のメニューまでかなり充実しているな、というのが正直な感想でした。

 

まずはビール。480円。

サッポロ黒ラベルと渋いチョイスもイカしてます。

堂山食堂のロゴ入り。

 

鴨ロース。

 

そしてコレも名物の「こぼし麻婆豆腐」。

いやぁ、こぼれてますね笑

味はちょい濃い目でビールが進みます。

何より痺れと辛さがちょい強め!

辛さが苦手な友人はギブアップしてました。

僕は辛いの大丈夫な方なんで美味しくいただけましたが。

ここらへんは好みかもしれません。

 

そして噂のハムカツです!

中には卵サラダがぎっしり詰まっています。

味の方ですが、美味いです。

こう、奇をてらったような特別な感じではありません。

むしろシンプルです。

ハムに卵サラダ乗せて、巻いて、衣つけて揚げている。

けど、美味しいです。

バクバク食べれてしまいます。

デブ化必至です。

 

さすがに揚げ物なんで、実際バクバク何個も食べれません。

が、1個150円、4個550円だったら迷わず4個で注文しちゃってもOKです、コレ。

 

「堂山食堂」の オススメポイント

安めの価格設定と充実したメニューがウリの堂山食堂。

 

中でも先に挙げた「こぼし麻婆豆腐」と「ハムカツ」は要チェックです!

さすが「マツコの知らない世界」に出ただけあります…!

 

まとめ:「堂山食堂」は何時でも行ける楽しいお店!

メニューの充実っぷりもさることながら、「24時間営業」というのも強みの堂山食堂。

終電を逃してしまったら、ここに行ってちびりちびり飲んで、朝まで待機、という使い方も出来ますね。

 

店内もワイワイ賑やか。

もちろんカウンターで一人のお客さんもたくさんいます。

グループで行ってよし。一人で行ってよし。

いつ何時いってもよし。

 

堂山食堂は色んな人にオススメ出来るお店です。

ぜひ一度体験してみてください。

余談:管理人が「堂山食堂」の情報を得たのは雑誌。

余談になりますが、ググって何でも出てきて情報が氾濫している今だからこそ、

「雑誌」に着目しています。

 

今回の堂山食堂も雑誌で見て、訪問しようと決めました。

「マツコの知らない世界」でハムカツが取り上げられたのを知ったのはその後なんですよね笑

 

大阪のカジュアルな飲み屋が結構載っているのがMeets Regionalという雑誌。

毎号「キタ特集」とか「カレー特集」とか、わくわくする企画が載っています。

気に入った号があったらわりと買ってます。

 

特に梅田とかなんばの飲み屋は、ググっても情報過多で、イマイチわからないことが多いです。

そんな時この雑誌を指標にするといいと思います(回し者ではありません笑)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Scroll to top