ミシュラン・ビブグルマンにもなった「なにわ翁」で酒飲んで蕎麦食べるのは至福の時

某日。

花金の出張・直帰可というゴールデンコンビを獲得した僕は、前々から興味のあった店に行ってみました。

それがミシュランビブグルマンにもなった「なにわ翁」です。

 

ここでいわゆる蕎麦屋での飲みをしてみたのだが、結果として至福のひとときでした。

以下にレポートしていきます!

なにわ翁の場所と営業時間

なにわ翁は大阪市北区西天満にあります。

営業時間は11:30~20:00。

定休日は日曜・月曜なのでご注意を。

 

ミシュランビブグルマンにもなった「なにわ翁」とは

ミシュランビブグルマンにもなった「なにわ翁」。

「1930年創業」と老舗の蕎麦屋として有名です。

 

ミシュランビブグルマンとは、ご存知ミシュランが選ぶ星1,2,3とは異なる評価軸で、

安くて良い!というお店につけられるものです。

個人的には、ビブグルマンは安くクオリティの高いものを食べられるのでかなりオススメです。

 

ホームページにもある通り、なにわ翁は自家製粉・手打ちにこだわった蕎麦屋です。

なにわ翁 ホームページ

 

なにわ翁はどんなお店か?

店舗の場所ですが、最寄り駅はなにわ橋駅、南森町駅とそうアクセスの悪くない場所にあります。

僕は南の方に住んでいるので、なにわ橋駅を利用しました。

 

そこから橋を渡って、7分ほど歩くと…

 

なにわ翁があります!

 

店内はさすが老舗というか、こう雰囲気のある感じがたまりません。

これは絶対美味いものを提供してくれるだろうという感じがプンプンしていました。

 

メニュー。

蕎麦以外にも色々あります。

 

なにわ翁で蕎麦屋の飲み方をするのが至福

なにわ翁は知人から

「あそこは酒を飲みたくなるところ。蕎麦屋での酒飲みを体感するのが至高だ!」

と言われていました。

なので僕も実践しました。

 

まず日本酒。

「東北泉」というお酒です。

 

肴は「焼き味噌」と「鴨のうま煮」。

ここで天ぷらとかを頼むのが粋かなぁと思ったのですが、

なにわ翁には天ぷらが無いんですね。

 

さてやってきた焼き味噌。

とにかく香りがたまりません。

少し食べると風味・旨味が口に広がります。

 

次に鴨のうま煮。

 

日本酒を飲み進めると、度数が強いからかほろ酔いになってきました。

ここで蕎麦を注文。

今回は二八蕎麦を頼みました。

 

待つこと数分。

やってきました。

 

さて、お味の方ですが、先程も申しましたが「すすり、弾力、のどごし」が大変よい。

特に弾力由来の食感はかなり良かったです。

たまに「蕎麦は十割!小麦が入るのは邪道!」という極端な方がいますが、

その方たちには是非なにわ翁の二八蕎麦を食べていただきたいですね。

美味しいですよ、本当にこれは。

 

オススメポイント

蕎麦の店なので、シンプルに蕎麦を頼むのもいいと思います。

が、やはり僕がオススメしたいのは「蕎麦屋での酒飲み」。

 

今回わかったのがサイドメニューのクオリティの高さ。

特に今回頼んだ味噌焼きはすごく美味しかったです。

これらを肴に日本酒を飲むと、日頃のストレスが吹っ飛びます。

 

また再三申しますが、二八蕎麦の食感が大変良いです。

今度は十割に挑戦しようと思います。

 

まとめ:さすがビブグルマン!なにわ翁は「蕎麦屋の酒飲み」が出来る店!

サイドメニューもさることながら、メインの蕎麦も超最高。

なにわ翁の蕎麦、食べたことのない人は是非オススメですよ!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Scroll to top