大阪の老舗の店を挙げて一言コメントしてみる

大阪は食い倒れの街として有名です。

一般的に大阪のグルメというと、たこ焼きやお好み焼きなどの粉物をイメージされる方が多いのではないでしょうか。

 

侮るなかれ、やはり食い倒れの街大阪。

粉物だけでなく、ラーメンやうどんも美味しいです。

実際に行ってみた大阪のラーメン屋を一言コメントをつけて列挙してみる

実際に行ってみた大阪のうどん屋を一言コメントをつけて列挙してみる

 

特に最近ボクが注目しているのは、大阪の老舗のお店です。

とんでもなくお店も多く、人も多く、昼から飲む人の数が段違いに多い大阪の街。

そんな中で昔からある店は大体美味しいのではなかろうか?

この仮説から最近では老舗の店めぐりをしています。

 

せっかくなので紹介したいなと思い、以下にリストアップしていきたいと思います。

どんどん行く店は増えますので、随時更新予定です。

また、特に気に入った店は個別記事を書くかもしれません。

 

ちなみに老舗の定義はかなり曖昧で、多くが「大阪の老舗の店はこれ!」みたいな雑誌を参考にしています。

もしいいお店の情報ありましたら、ご教示いただければ幸いです。

 

それではいってみましょう。

なにわ翁

記事に書きました。

ミシュラン・ビブグルマンにもなった「なにわ翁」で酒飲んで蕎麦食べるのは至福の時

 

「行くと絶対に酒を頼みたくなる、そんな雰囲気の店」

と僕の上司から教わったお店。

 

 

また「逆にそば屋での飲み方と食い方をしなければ失礼かもしれない」

ともおっしゃってました。

 

なるほど、行ってみるとその意味がわかりました。

 

雰囲気のある店構えでした。

 

入ってみると、思ったより狭い店内。

適当な席に座ります。

 

店に行く前、「そば屋での食い方と飲み方」と上司から事前に言われていたものの、

そば文化のない地方で育ったので全く頼み方がわかりませんでした。

やはりググったら出てくるんですね。

 

酒、それと肴。最後に蕎麦で〆ると書いてありました。

 

なるほど、それではと思い、酒と肴を注文。

天ぷらを頼もうと思ったのですが、なにわ翁さんは天ぷらされてないみたいですね。

ですが肴は非常においしかった。

特にそばの味噌焼きが絶品で、思った以上に辛口の日本酒とよく合いました。

 

〆はそば。

これが二八そばだったのですが、その食感の良いこと。

若干ほろ酔いだったのですが、あまりの食感とのどごしの良さに正気に戻ってしまいました。

それもそのはず、お店ではこの二八そばを「すすり、弾力、喉越し」の3つにこだわったと推しているのです。

 

丁寧で高クオリティ。

すごく満足度の高いお店でした。

十割蕎麦も間違いなく美味いだろうと思うので、次回はそれに挑戦します。

 

たこ梅

寒いとおでんが食べたくなりませんか?

僕はなります。

 

で調べてみると、じゃんじゃん出てくるじゃないですか、大阪のおでん屋さん。

その中でも超老舗というたこ梅さんに行きました。

 

本店には行けなかったのが残念ですが、梅田の方に訪問。

その人気ゆえか、あるいは寒さゆえか、まだ18時というのに満席でちょっと待ちました。

 

店のおすすめはクジラのさえずり。

ぷるっぷるとしていて、美味しいです。

苦手な人はちょっと苦手かも。

 

それを、これまた年期の入った熱燗のカップから日本酒をそそぎ、グイっと飲むのがたまりません。

目の前でおでんが炊かれていますので、あれもこれも頼んでしまう。

すると日本酒もすすむ。

こうしておでん⇔日本酒の無限ループが続く。

 

泥酔必至の店。

 

にわとり

店内は広くない。

そしてメニューは鳥しかない。

お酒も量り売り。

 

最初の印象は

「ちょっと変わったお店だな」

であった。

 

それが串のコースを頼むと考えが一変してしまいます。

どれもこれも美味しいじゃないですか。

特にカウンターに座って、目の前で焼いてもらって、それを頬張るのが最高です。

 

そんなに席数は無かったと記憶してますので、事前の予約がべたーです。

 

明治軒

「洋食」というものを、大人になってからあまり食べたことがありません。

だからなのか、老舗の洋食というワードにとても心を惹かれるわけです。

 

行ってきたのが明治軒さん。

古風な入り口で、店に入るとシェフのキッチンと席が見渡せます。

 

中に入って注文します。

頼んだのは名物のオムライスと串カツのセット。

シェフ三人がそれぞれテキパキと目の前で料理を作ってました。

 

まもなく運ばれて来ました。

シンプルです。

どことなく、自家製ソースに感じた酸味に、昔っぽさを感じてしまいました。

もちろんいい意味で。

 

銀シャリ屋ゲコ亭

炊飯器の有名メーカーの人が、炊飯の研究のためにわざわざ足を運ぶ店があるという噂を聞いた。

しかも、大阪の堺にあるという。

 

その名は銀シャリ屋ゲコ亭。

 

ふっくらご飯の美味しい、調子に乗っておかずをとりまくってしまうお店です。

飯炊き仙人がいらっしゃる銀シャリ屋 ゲコ亭に行って来た

 

山三

「酒飲みの聖地」と言っても過言ではないと思う。

本当は人に教えたくない!なんば「山三」は日本酒が進みすぎるお店

 

おわりに

随時更新していきます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Scroll to top