宮崎市内でクラフトビールを飲むならここ!という店を3つ挙げる

先の記事では宮崎旅行を推しました。

関空から行く宮崎旅行のすすめ

 

では具体的にどこに行くか?

飲みましょう!!!!

 

さて、宮崎といえば焼酎ですが、今回は趣向を変えクラフトビールに焦点を当てたいと思います。

「宮崎市内に飲みに来たけど、最初は焼酎じゃなくてクラフトビールが飲みたい!いいお店ないかなー」

という人にはオススメの記事になっています。

 

宮崎フェニックスブルーイング

まず挙げたいのが宮崎フェニックスブルーイングさん。

宮崎にクラフトビール醸造所「宮崎フェニックスブルーイング」 /宮崎

 

2018年12月に出来た比較的新しいお店です。

お店で醸造されています!

 

場所はTSUTAYAの裏と言えば宮崎市内人はまずわかるでしょう。

 

こじんまりとした店内ですが、

店内で飲むことも可能です。

 

醸造のタイミングがあるっぽくて、

僕の行った時はペールエールしかありませんでした。

 

肝心の味ですが、ややあっさりめ。

店主さん?曰く

「魚でも肉でも何でも、食べる時に飲んでもらえるエールを目指した」

とのことでした。

なるほど、そう言われるとかなり万能選手で、食べ物を阻害しないエールだと思いました。

 

またペールエールの瓶一本の価格はワンコイン500円。

店主さんが

「気軽にサクっと1杯だけ飲んでもらえるようにこの価格にしました」

とおっしゃっていました。

うーむ、考えられています。

 

他のラインナップとして気になったのがヘイジーIPA。

IBU(苦さの指標)めちゃめちゃ高め!

ですが売り切れていて非常に残念でした…。

 

常に作られているので、次いつ頃新作が出るかは店に行けばわかります。

僕が行った時は、カカオを用いたものを醸造中みたいで、

かなり気になりました。

これは近くに住んでたら通っちゃいそうだな…というお店でした。

 

店主さん?も気さくで、ビールの話になると止まりませんでした笑

 

青空エール

青空市場にあるのが青空エールさんです。

青空エール

こちらもお店で醸造されている模様。

 

 

僕が飲んだのはIPA(グラスにはエールと書かれていますが)。

なるほど、しっかりIPAですが、どこかスッキリした印象もあります。

 

ちなみに飲み比べセット(IPA除く)もありました。

これはこれで次回試したいなぁと思いました。

 

友達が飲んでいたのは梅酒ビール割り。

酸味と甘さのある、不思議な感覚でした。

 

時間がなくて、すぐ帰らざるをえなかったのが残念でした。

他にも日本酒もあり、それも気になった…

ビール以外のアルコールも充実しているイメージです。

 

雰囲気もいいので近くに住んでいたら絶対通いますね(二回目)。

 

ビアマーケットベース

お次はビアマーケットベースさん。

店内はやや暗く、小洒落た海外の飲み屋のような印象を受けます。

ここは海外のクラフトビールが結構充実しています。

 

タップは8種以上。

こちらも飲み比べセットがあり、僕はこれを注文。

特に海外のIPA2つ(EVIL CCOUSONとAnti Hero IPA)は当たりでした!

満足度はかなり高かったです。

 

また海外のクラフトビールがつまった冷蔵庫からは自由に缶を選ぶことが出来ます。

 

僕は見たことのないものばかりでしたが、アメリカ人の友人曰く

「結構アメリカで人気なやつが揃ってて良い!」

とのこと。

 

確かに適当に選んだIPAも最高でした。

近くに住んでいたら絶対通いますね(三回目)。

 

おわりに

というわけで宮崎市内でオススメのクラフトビール屋3つでした!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Scroll to top