cocoはしむれの西郷どん館に行ってきた

今大河ドラマは「西郷どん」。

これまで西郷どんに関連したようなエントリーを何個か書いてきた。

 

この大河ドラマに合わせて、鹿児島県内では色々な企画展をやっている。

その1つが指宿の西郷どん館。

注意しておくと、1年間の期間限定である。

 

先日行ってきたのだが、思っていたよりも良かった。

レビューしてみたいと思う。

西郷どん館とは

西郷どん館とは、指宿のcocoはしむれの中に特設されているブースだ。

 

期間は一年間の期間限定。

 

別にドラマファンではないのだが、あまりに実家にいるのが暇すぎてフラっと来てみた。

平日の昼間に一人で来たので職員も僕のことをニートか何かと思ったことだろう。

 

入館料は500円。

 

一階は微妙

一階は個人的には微妙であった。

というのも、ドラマをフューチャーしたブース。

 

さすがに明治に入るポスターは写真におさめておいたけど。

疑問なのだがなぜこの西郷さんは温泉に行くスタイルなのだろうか。

 

写真を撮ろうコーナーもあった。

 

二階は面白い

一階は、まぁ予測通りの感じではあった。

あまり期待しないで二階へ向かう。

 

が、想像以上に面白かったというのが僕の感想だ。

 

何があったか?

それは江戸末期と指宿、西郷さんと指宿といった、地元に関連した史実が展示されていたからだ。

 

例えば島津斉興と調所広郷の事業。

指宿の各地にその後があった。

揖宿神社の手洗いの所には、調所広郷の刻印もあるという。

今度行って確かめようと思った。

 

また宮ヶ浜の防波堤を築いたのも、その二人によるものだという。

真相は不明だが、主要な港にしたかったのではないか、というのが1つの説だ。

 

他にも玄関港としての山川の役割も面白い。

琉球との貿易では立派な玄関口だったとか。

 

こうした展示は、特に地元民からしたら「へー!」と驚くものばかりであった。

撮影禁止ではあったが、概ね満足した。

 

おわりに

以上が西郷どん館に行った感想だ。

指宿ですることが無ければ、ぜひ行ってみてほしい。

 

特に地元の方にオススメ。

意外な指宿を知ることが出来る。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Scroll to top