【神サイトへの】コントラバス弦を音出して比較してみた【誘いもあるよ!】

ウッドベース奏者にとって弦選びは超重要問題だと思う。

なぜなら弦の値段が高いから。

 

弦の説明だけで買ってしまうと、恐ろしく後悔することがある。

弦によってはセットで数万円。

気軽に試すには高い値段であろう。

 

そこで、ヘッタクソながらも皆々様への一助になればと思い、弦の音色の比較を載せてみることにした。

 

最初に断っておくが、僕はピッチも悪いし、ビート感も無いし、ふにゃふにゃなベーシストだ。

それでも、同じ楽器・同じセッティングで弾くと「こんなにも音色が変わるのか」ということを体験してもらいたい。

 

なお、僕のお財布事情により、極めてスローペースで本記事は更新されていきます。

初めに:僕が通った弦の音色の比較が出来る神サイト

本記事を書こうと思ったきっかけがこちらのサイトだ。

STRING MATRIX  – HERVÉ JEANNE

なんとvelvet シリーズから、中々手の出せないオイドクサなど数々の弦を弾き比べているサイト。

しかもウォーキングからグルーヴ、ロングトーン、ハイポジション、アルコのバリエーションまである。

正直これを書きながら聴き直しているが、到底追いつけそうにないことを実感した。

 

ま、とはいえ、一アマチュアの道楽として、以下お付き合いいただければと思います。

 

Velvet Anima

VelvetのAnima

 

lonely womanもどき

 

ブワっという雑味のある音色が特徴的。

使用感だが、弦が太い。

ゆえに左手もちょっと苦労するし、細い弦に慣れているとピチカートもしづらい。

実際僕の先輩が購入して「使いづらい」と格安で販売してくれたものをセッティングして録ってみた。

 

おわりに

まだvelvet animaしかありませんが、

今手持ち弦ではガット、エヴァ・ピラッツィ、チャキなどがあるので

それらをアップしていこうと思います。

 

また余ってる弦などあれば、乞食な僕に提供していただけると非常にありがたいです。

少しお安いなら購入も検討させていただきます。

こんな記事もオススメ

ジャズ研1年ベーシスト、あるいはジャズベース初心者の聴くべき音源の指南書

【コンテンポラリー】最近のジャズベーシストを嗜好性たっぷりでオススメ紹介する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Scroll to top