Mágico – Charlie Haden, Jan Garbarek & Egberto Gismonti

チャーリー・ヘイデンが大好きだ。

ベーシストの枠を超えた、音楽性がとても素晴らしい。

 

ふと思い返してみた。

僕が初めて買ったチャーリー・ヘイデンのアルバムはなんだろう?と。

僕にとってはそれが「Magico」であった。

我ながら大分濃いアルバムを最初に買ったと思う。

 

事実、これを最初に買ったのは大学一年生の時。

なんだかフワフワした、よくわからないけど、多分良い作品なんだろうなぁ、といった印象であった。

だが、これが聴き込むごとにハマっていく。

 

メンバーはチャーリー・ヘイデン。

ヤン・ガルバレク。

そしてエグベルト・ジスモンチだ。

 

ヤン・ガルバレクはキース・ジャレットとの共演でも知られる。

初めに挙げるべきはその音色で、かなり特徴的だ。

何と独学でサックスを習得。

それゆえのこの音色かもしれない。

 

エグベルト・ジスモンチもこのアルバムで初めて聴いた。

ギタリストと思いきやピアニスト?

いやいや、偉大な音楽家、というのが正直な所だろう。

このアルバムのカラーを色濃く担っているのは間違いなくこの人。

そういえばCharlie HadenとのDuoは必聴の名盤。

 

曲は全部で5つ。

各々のオリジナルを演っている。

まず挙げたいのはヘイデンのSilence。

この曲は本当にやるバンドでイメージがガラっと変わる。

例えばゴンサロ・ルバルカバと演れば、段々ぶっ壊れていきそうな展開が面白かった。

リベレーションミュージックオーケストラの演奏ではそのアンサンブル、そして各ソリストの個性が充分でる展開が良かった。

 

では本作ではどうか?

三者のサウンドが素晴らしい。

曲自体はコードが淡々と流れていく。

そこにガルバレクの美しく、時に叫びの様のようなサックスが良い。

それからヘイデンのソロ。

いつもながら凄まじい歌心のつまったソロが良い。

そしてジスモンチ。

これがまたぐっとくる。

 

 

Mágico

Released 1980
Recorded June 1979

Track listing
All compositions by Egberto Gismonti except as indicated:
Bailarina (Geraldo Carneiro, Piry Reis) – 14:30
Mágico – 7:47
Silence (Charlie Haden) – 10:17
Spor (Jan Garbarek) – 6:11
Palhaço – 5:00
Recorded at Talent Studio in Oslo, Norway in June 1979

Personnel
Charlie Haden — bass
Jan Garbarek — saxophone
Egberto Gismonti — guitar, piano

wikipediaより引用

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Scroll to top