Groovy – Red Garland

「名盤」と呼ばれるものはどんなものだろう?

ものすごく難解な作品?

死ぬほど盛り上がるソロがおりこまれたアルバム?

どれも正解だと思う。

僕としては、何回聴いても飽きないものを「名盤」の定義の1つにしたい。

 

「飽きない名盤」と思い浮かべてパッと出てくるのがRed GarlandのGroovyだ。

レッド・ガーランドのコロコロ転がるようなピアノ。

ポール・チェンバースの強靭なビートのベース。

アート・テイラーの安定感のあるドラム。

非常にバランスが良く、全編通して聴けてしまう。

そして全曲終わったら、もう一回始めから再生、となりがち。

 

僕は一応ベース弾きだから、勝手を承知でポール・チェンバースに焦点を当ててみようと思う。

1曲目のC Jam bluesはなんてことのないブルース。

だが音のチョイスといい、ビートといい、チェンバースは素晴らしい。

コピー譜もどこかにあるので、気になる人がいたら探してもらいたい。

 

僕はこのC Jam Bluesをトランスクライブし、実際にチェンバースと弾いてみて唖然とした。

ビートが強靭すぎるのだ。

 

ジャズベースのお手本としてレイ・ブラウンと双璧を成すチェンバース。

でもそれまでは「なんか普通じゃない?」という印象が拭えなかった。

それまで普通のベースだと思っていた僕の中のチェンバース像が変わった。

 

Groovy

Released Mid December 1957[1]
Recorded December 14, 1956 (#4-5)
May 24, 1957 (#6)
August 9, 1957 (#1-3)

Track listing
“C-Jam Blues” (Barney Bigard, Duke Ellington) – 8:21
“Gone Again” (Curtis Lewis, Curley Hamner, Gladys Hampton) – 6:46
“Will You Still Be Mine?” (Matt Dennis, Tom Adair) – 4:43
“Willow Weep for Me” (Ann Ronell) – 9:35
“What Can I Say, Dear” (Walter Donaldson, Abe Lyman) – 7:14
“Hey Now” (Red Garland) – 3:41
“If I Were a Bell”
“I Know Why”
“Lost April”
“P.C. Blues”
Tracks 7-10 were not on the original LP but are included in the CD reissue.

Personnel
Red Garland – piano
Paul Chambers – bass
Art Taylor – drums

wikipediaより引用

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Scroll to top