Miles Smiles – Miles Davis

マイルスの第二期黄金クインテットの作品。

 

過去を振り返らず、常に進化し続けようとしたマイルス。

正直なところ電化マイルス以降はあまり聴いてこなかった。

なので今の所僕の中でマイルスのベストバンドは、この第二期黄金クインテットだ。

 

まずメンツがやばい。

ウェイン・ショーター、ハービー・ハンコック、ロン・カーター、トニー・ウィリアムス。

奇跡の化学反応とでも言うべきバンドサウンドである。

作ろうとしても決して作れない。

 

このバンドの好きな理由が、ビートにある。

トニー・ウィリアムスの超前を突くドラム。

そしてそれよりも少しだけ後を追うロン・カーターのベース。

この二人の絶妙なマッチ具合が強烈なビートを生み出す。

加えてバッコバコ展開していくハービー・ハンコック。

これをバックに吹くマイルス、ショーターも痛快。

聴いていて気持ちがいい。

 

全曲良い。

ビートもパンチがあり、ダイナミクスもスゴイ。

何より若干の「ゆらぎ」みたいなものをバンドサウンドとして感じる。

そりゃマイルスも笑うよ、という感じのアルバム。

 

Miles Smiles

Released February 16, 1967[1]
Recorded October 24–October 25, 1966

Track listing
Columbia – CS 9401[14]

Side one
No. Title Writer(s) Length
1. “Orbits” Wayne Shorter 4:37
2. “Circle” Miles Davis 5:52
3. “Footprints” Wayne Shorter 9:46
Side two
No. Title Writer(s) Length
1. “Dolores” Wayne Shorter 6:20
2. “Freedom Jazz Dance” Eddie Harris 7:13
3. “Ginger Bread Boy” Jimmy Heath 7:43
Total length: 41:44

Personnel
Musicians
Miles Davis – Trumpet
Wayne Shorter – Tenor saxophone
Herbie Hancock – Piano
Ron Carter – Double bass
Tony Williams – Drums

wikipediaより引用

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Scroll to top