Ancestry – Kiyoshi Kitagawa

時にリーダーアルバムであっても、そのサイドマンの音に耳を持っていかれることがある。

実は、僕にとってはこのアルバムがそう。

 

ニューヨークを拠点に活動されている北川潔氏。

どんな音なんだろうと興味を持って買ったのは、確か大学二年生くらいの時。

で、実際聴いてみるとある人物にばかり耳を持っていかれた。

それがブライアン・ブレイドだった。

 

アルバムの内容はかなり良い。

北川氏の音もブルゥン!と豪快で惹き込まれる。

もちろん大御所ケニー・バロンも良い。

でも最初の頃聴いてしまうのはブライアン・ブレイドの音ばかりであった。

 

どうしてそうなったのか?

それはそのドラミングの繊細さ。

どの曲を聴いても顕著。

 

何の雑誌か忘れたが、ブライアン・ブレイドはインタビューでこんな趣旨を答えていた。

「演っている人がもたったら引っ張ったり、前のめりな演奏の時は自分がレイドバックする。そうやってバランスを保つのさ」と。

あぁなるほどと妙に納得したのはもう10年位前のこと。

 

Ancestry

release date 09/25/2004

recording 2003

TRACKLIST

Ancestry

Equinox

Time to go

I wishi I could

Tadd’s Delight

Mahjong

Tell Me why

Hot House

Pinocchio

You’ve Changed

 

Personnel

Kiyoshi Kitagawa : bass
Kenny Barron : piano
Brian Blade : drums

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Scroll to top