Last Date – Eric Dolphy

エリック・ドルフィーのファンは多い。

何を隠そう僕もその一人だ。

 

最初はミンガスのセクステットで聴いた。

ただのブルースだったのに、最後のソリストでこうも曲の印象がかわるものかと驚いた。

それからエリック・ドルフィーを漁った。

 

このアルバムは超有名。

なぜならドルフィーの遺作とされているから。

 

のっけのエピストロフィーからやられてしまう。

ドルフィーの持ち味は飛びすぎる音の跳躍。

どのアルバムでも楽しめるが、本作もその範疇。

 

個人的なベストはyou don’t know what love is。

ドルフィーはバラードも美しいのだ。

しかし全く、こんなに素晴らしい演奏はないよ。

 

他のメンバーもいい感じにぶっ飛んでて全編面白い快作。

 

Last Date

Released 1964
Recorded 1964

Track listing
All songs composed by Eric Dolphy except where noted.

Side 1

“Epistrophy” (Monk) – 11:15
“South Street Exit” – 7:10
“The madrig speaks, the panther walks” – 4:50 (also known as “Mandrake”)
Side 2

“Hypochristmutreefuzz” (Mengelberg) – 5:25
“You don’t know what love is” (Raye/De Paul) – 11:20
“Miss Ann” — 5:25

Personnel
Eric Dolphy – bass clarinet, flute, alto saxophone
Misha Mengelberg – piano
Jacques Schols – double bass
Han Bennink – drums

wikipediaより引用

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Scroll to top