We Get Requests – Oscar Peterson

オスカー・ピーターソンのwe get requestsは、

ジャズを聴いてみたい全ての人にオススメできる。

そう僕は本気で思っている。

 

オスカー・ピーターソンはいつ聴いても華やかだ。

プレイに黒っぽさというか、影のある感じが、無い。

これは一説によるとカナダ生まれというのが関係しているらしい。

 

マイルス・デイヴィスから「お前の音楽は面白くない」と言われ、

「僕はあいつを許さない」みたいなことを思っていたのは有名な話。

 

さて、本作。

もちろんオスカー・ピーターソンはいつものプレイ。

このトリオはこれ以外にも演っているが、選曲なのか。

具体的な理由については言及できないが、

聴いていて心地の良さはある。

 

後に何回も演奏することになる「you look good to me」も入っている。

レイ・ブラウンの最高のウォーキングも聴けるし、エド・シグペンの軽快なブラシも聴ける。

 

一家に一枚ほしい名盤。

We Get Requests

Released 1964
Recorded October 19, November 20, 1964

Track listing
1″Quiet Nights Of Quiet Stars (Corcovado)” (Antonio Carlos Jobim) – 2:49
2″The Days of Wine and Roses” (Henry Mancini, Johnny Mercer) – 2:40
3″My One and Only Love” (Robert Mellin, Guy Wood) – 5:08
4″People” (Bob Merrill, Jule Styne) – 3:30
5″Have You Met Miss Jones?” (Lorenz Hart, Richard Rodgers) – 4:10
6″You Look Good to Me” (Seymour Lefco, Clement Wells) – 4:49
7″The Girl from Ipanema” (Jobim, Vinicius de Moraes, Norman Gimbel) – 3:51
8″D & E” (John Lewis) – 5:11
9″Time and Again” (Noël Coward) – 4:38
10″Goodbye J.D.” (Oscar Peterson) – 2:56

Personnel
The Oscar Peterson Trio
Oscar Peterson – piano
Ray Brown – double bass
Ed Thigpen – drums
wikipediaより引用

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Scroll to top