The Montreal Tapes: Liberation Music Orchestra – Charlie Haden

Charlie hadenのmontreal tapes作品の1つ。

彼自身のビッグバンドliberation music orchestraの演奏。

全部で4曲。

どれもおなじみのナンバー。

 

どのミュージシャンもべらぼうに上手いのだが、あえてピックアップしたのがjoe lovano。

彼の印象は、たまにハズレの作品があるなぁという感じだった。

だが本作品で見事にひきこまれた

 

ラストのwe shall overcomeのソロ。

ゆったりめのブルースゆえに演奏者の実力がハッキリとわかる。

そこでのjoe lovanoのソロの展開がすごい。

「ブッブーボビー」という様なゆったりしたというか、力の抜けたソロで始まる。

ここからのソロの盛り上がり方が良く、コーラスを追うごとに思わず「オゥイエッ!」と言ってしまいそうになる

The Montreal Tapes: Liberation Music Orchestra

Released 1999
Recorded July 8, 1989

Track listing
All compositions by Charlie Haden except as indicated
“La Pasionaria” – 24:00
“Silence” – 6:24
“Sandino” – 8:37
“We Shall Overcome” (Guy Carawan, Frank Hamilton, Zilphia Horton, Pete Seeger) – 37:20
Recorded at the Festival de Jazz de Montreal in Canada on July 8, 1989

Personnel
Charlie Haden – bass
Ken McIntyre – alto saxophone
Ernie Watts, Joe Lovano – tenor saxophone
Stanton Davis, Tom Harrell – trumpet
Ray Anderson – trombone
Sharon Freeman – French horn
Joe Daley – tuba
Mick Goodrick – guitar
Geri Allen – piano
Paul Motian – drums

wikipediaより引用

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Scroll to top