人体に影響を及ぼすのでは?と危惧するほどの痺れを体感させる「蝋燭屋」に行ってきた

先日の記事でも書いたが、タンタンタイガーに行きたいがために出張で自主延泊した。

東京・蔵前の「タンタンタイガー」に行ってきた&ブログの話

 

中々都内にこれる機会はない。

中でも「まさ吉」は是非行きたかったのだが、予約がとれず惨敗してしまった。

「まさ吉」のことは以下の記事に書いてます。

【東京・名古屋・大阪】あまり人に教えたくない美味しい(らしい)お店【福岡・沖縄】

 

落胆している暇はない!と自作の「行きたい店リスト」を見ていて「ここには絶対行ったろ!!」と思った店がある。

それが「SHIBIRE NOODLE 蝋燭屋」(以下 蝋燭屋)だ。

 

今回、想像を絶する痺れを体験してきたのでレポートしたい

銀座に蝋燭屋あり

その蝋燭屋は銀座にある。

銀座駅から歩くことおよそ3分。

大通りから一本はずれた通りにあり、注意しなければ通り過ぎてしまいそうであった。

お目当ての「蝋燭屋」だ。

 

僕が行ったときはまだ開店してなかったが、既に客が並んでいた。

恐るべき人気店。

 

昨今の「刺激」ブームと蝋燭屋

以下、本業で他会社の営業さんから聞いた話。

 

昨今は「刺激」が1つのキーワードとなっているらしい。

世間では「強炭酸」「強アルコール」など、手軽に強めの刺激を味わいたいニーズとマッチした商品がヒットしている。

その中で「痺れ」という刺激も人気とのこと。

中でも都内の「蝋燭屋」はかなりの刺激、かつかなり人気とのことであった。

 

「辛味バカ大将」の異名を持つ僕としてはどうしても蝋燭屋に行ってみたかった。

話を聞いてからおよそ2ヶ月。

ついに行く機会を得たわけだ。

 

痺れの極み「麻婆麺」

開店前並んでいると、ある張り紙が目に付いた。

なんと夜は限定20食しか出していないとのこと。

うーん、早めにきて良かった。

 

開店。

食券制となっていた。

麻婆麺と、東京案内をお願いしたS君用に汁無し坦々麺を購入。

ちなみに麻婆麺、酸辣湯麺、担々麺は1000円、汁無し坦々麺は980円であった。

 

食券を店員に渡すと「辛さ」と「痺れ」のレベルを聞かれた。

せっかく痺れの聖地に来たのだからと「倍辛」にしておいた。

注文後、しばらく待つ。

 

と、やってきました「麻婆麺」。

すごい、花椒の香りが顔を近づけなくてもプンプンしている

 

いざ実食。

グオォォッ!?痺れる!

 

これは予想以上。

舌が痛くなるほどに花椒が効いている。

 

唐辛子の辛さもあるのだが、メインは花椒。

痛い!美味い!痛い!という息つく暇もない大変な状況だ。

 

いやぁ、麻婆自体も苦味がわりと効いていたり、甘み・酸味がほどほど効いていたりで美味い。

 

麺はやや硬く、締まっている。

小麦の風味も強めだなと感じた。

そんなの蹴散らすくらいに花椒が効いているが。

 

途中くらいまで食べた後、最初っから気になっていたぶどう山椒オイルをかけてみる。

(写真がブレているのは気にしない)

なんだこれ!!!めちゃくちゃ合うじゃないか!!!

オススメです!

山椒フレーバーも加わって、爽やかさが増し、相当美味くなる。

 

と、ここまでくるともう舌は完全にイカレている

水を飲むと、その水が舌の痺れに追い討ちをかけるほどだ。

わかるだろうか?

痺れを緩和しようとして摂取した水が、逆に舌の痺れを誇張させるのだ。

ま、とりあえず体験してきたほうが早いと思う。

 

が、美味いんだこれが。

 

「汁無し坦々麺」も美味しいよ

麻婆麺で悶えている横で、S君は美味しそうに汁無し坦々麺をかっこんでいる。

写真はS君が食らう前。

それも充分美味しそうだったので、少し味見させてもらった。

 

めちゃ濃厚!

まじで汁は無いです。

風味が強く、べったりしていて、タレと麺が絡みまくっている

ナッツの風味が強くて、これがかなりいい感じ。

 

あとパクチーもややアクセントになっている。

これは苦手な人にとっては苦手だろうな

僕は好きだから良いけど。

 

うん、美味いぞ汁無し坦々麺。

 

まとめ:超ど級の痺れを味わいたいなら銀座の「蝋燭屋」はマジでおすすめ

痺れて、悶えて、完食した。

美味かったし、不思議な満足感に包まれた。

 

ちなみにもう一回言うけど、夜の麻婆麺は数量限定ですから!!

開店と同時に行ってくだされ!!

 

しかし、ここまで舌が痺れたことは人生初めてである。

思わず「健康になんらかの障害でも起こるのではないか?」と考えてしまうほどの痺れだ。

だが、断言する。

むっちゃ美味い。これはクセになるぜ。

 

そんなこんなで再訪を胸に近い、店を後にしたのであった。

 

糸冬

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Scroll to top