鹿児島の指宿のお菓子といえば鳥越屋の名物「いぶすき路」一択

東洋のハワイ、鹿児島の「指宿」と言えば、やれ「砂蒸し温泉」とか「篤姫」とか言われる。

 

だが、意外と老舗の作る銘菓があることは知られていない。

それは鳥越屋が作る「いぶすき路」だ。

 

先日帰省した際久々に食し、郷愁と感動を覚えたので、この銘菓を是非紹介していきたい。

「いぶすき路」を売っている鳥越屋

「いぶすき路」を製造・販売している「鳥越屋」。

 

中々地元民にしかわからないようなところに位置している。

詳細な場所はいかんとも表現し難いが、有名な砂蒸し温泉「砂楽」にわりと近い。

 

ちゃんと駐車場があるので車でも行けます。

 

お店の外観。

 

入り口。

 

イートインスペースもあります。

 

鹿児島の郷土菓子「かるかん」もあったり、指宿が生産量日本一のそら豆を使った菓子もある。

 

シナモンの効いた芋菓子「いぶすき路」

で、これが「いぶすき路」。

前は紫色っぽいパッケージだったけど、変わったっぽい。

 

これが中身。

いもあんがつまっていて、外側にはバッチリシナモンがかかっている。

素朴な味で、派手さはないけど食後に「あぁ…美味い…」という余韻が残る。

 

ちなみにこの「いぶすき路」、超ビッグサイズもある。

名前を「いも丸」という。

 

デカイ。

 

ちなみに中はこんな感じ。

 

「いぶすき路」は親子三世代に愛される銘菓

このいぶすき路をいつから僕は食べていただろう?

何か来客の際、わざわざ家族が買いに行き、そのおこぼれをもらった記憶が多い。

 

老舗が作る、老舗の味「いぶすき路」は地元の人に親しまれている。

僕の家も、母親を筆頭に熱烈なファンばかりだ。

 

先日も鳥越屋に行き、いぶすき路を家族分購入。

今年亡くなった祖父も「いぶすき路」が好きだった。

早速、帰宅後お供え物として、祖父に。

その後、家族全員に配った。

 

世代を超えて愛されるお菓子が指宿にあるのは、何だかとても良いなと感じた出来事だった。

 

まとめ:指宿に旅行にきたら是非いぶすき路も食べてみよう

鳥越屋の「いぶすき路」は指宿に来たら、是非買って食べてみよう。

ちなみにあまり他の所で売っているのを見たことがなく、道の駅指宿にあったくらいだと記憶している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Scroll to top