臭み0の朝引き河内鴨を提供する「おら鴨」が美味かったので、紹介したい

先日、大阪は法善寺横丁にて美味い飯屋に行ってきた。

お店の名は「おら鴨」

鴨料理の専門店である。

 

ここが、かなり美味しかった。

それはもう料理に夢中になり、写真を撮り忘れるほどであった

完全にブロガー失格である。

 

というわけで、紹介していきたいと思う。

おら鴨

「おら鴨」は難波駅から徒歩3分ほど。

法善寺横丁にある。

串かつだるまのビルにあって、少しだけ入り口がわかりにくい。

エレベーターで4階まで行く。

 

臭み0。いつも食べていた鴨は何だったのか

僕は鴨が大好きなのだ。

あの一般の鶏肉とは違う風味と旨みが最高に好きだ。

 

鴨の刺し身盛り合わせがあるとのことで、すぐ注文した。

出てきたのはロース、ささみ、ハツ、ズリ、レバー。

ロース・ささみは醤油、ハツ・ズリ・レバーはごま油+塩で食べる。

 

食べてみてめちゃくちゃ驚いたのは、臭みが全然無かったことだ。

 

種にもよるのかもしれないが、普段食べる鴨は口に含んだ瞬間に鴨独特の風味が広がる。

これが極限まで抑えられていた。

 

で、あっさりかと思えば

噛むほどにその旨みが強くなっていく。

飲み込んだ後もしばらく口の中に旨みが残っていたほどだった。

 

特にささみなんかは食感も魚の刺し身みたいで驚いた。

ロースにはもちろん脂がついている。これは提供されたてよりも若干放置して温度を上げると、口の中で脂が溶けやすくなってより美味かった。

 

言わずもがなハツ、ズリ、レバーも美味。

 

刺しも焼きも鍋も美味い

今回注文したのは

・刺し身盛り合わせ

・コース「おら鴨流」(焼きと鍋のコース)

・他ビール・日本酒数杯

であった。

 

コースは、まず小鉢2種。

厚揚げと小松菜のお浸しと、もう1つは忘れてしまった…

 

次にサラダ。

 

その次が「本日の鴨逸品」で、手羽元焼ねぎポン酢。

細かくなった手羽元にどっさりねぎがかかっていた。

実は刺し身盛り合わせの前にこれが来た。

食べた瞬間美味かったので、この店は美味いと印象付けられた1品だった。

 

焼きは炭火の七輪で。

分厚いロースとささみ、ハツ。

それから野菜もろもろ。

これをごま、塩、胡椒を混ぜたものでいただく。

 

表面の色が変わったらすぐ食べて下さいとのこと。

表面は焼けているけど、中は半生というのは新鮮さのなせる技だ。

焼くと、より肉っぽさが増す。

 

 

鍋は紙鍋

なべつゆは醤油ベースのやや甘め

最初にどさっと野菜ともも肉を入れ、適当に火が通ったら食べてOK

その後、ロースを2~4秒くらいでしゃぶしゃぶして食べてください、とのこと。

 

しゃぶしゃぶは2~4秒に限らず、好みの秒数ですればいいと感じた。

もちろん2~4秒も美味い。

ピンク色で、ちょっとだけ血っぽさを感じつつ、やや固くなった身が美味い。

秒数を長くすればするほど、焼きとは違った肉っぽさを楽しめる。

 

 

鍋の後はうどんかそばか選べる。

そばを選択した。

肉から出た旨みが存分に鍋に移っていた。

確かに美味かったが、蕎麦を食うにあたってはやはり関東風がいいと思った。

 

デザートはアイスが2個。

 

日本酒も鳳凰美田、磯自慢、九平次などを頂いた。

 

なぜ臭みが無いのか

臭み0があまりにも不思議だったので店員さんに聞いてみた。

 

曰く、「朝引き」がポイントみたいだ。

提供される肉は、いずれも当日朝まで生きていたものだ。

その新鮮さゆえ、臭みは無いし、生でも充分提供出来るとのこと。

 

ちなみに普段鴨のささみとかは見ないけど、どこ行っちゃうんですかね?と質問。

一般的な鴨はやはり日が経っているので、鴨肉として使用する以外の部分は、廃棄しちゃうのだそうだ…

 

お会計

ここまで充分鴨を堪能して、ビールと日本酒もグビグビ飲んで、2人で2万円ほどであった。

 

今度は写真をとるために再訪したい。

 

おら鴨

大阪府大阪市中央区難波1-5-24 だるま難波本店ビル3・4F
06-6211-1528

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Scroll to top