「楽器を辞める」なんてことは、そもそも無い Elvin Jones “Puttin’ It Together”

「好きなドラマーを挙げろ」と言われれば、これでも1ジャズファンなのでパっと思い浮かぶ。

 

ポールモーションのスペーシーなドラムは最高だし、トニーウィリアムスのカミソリみたいなビートを刻むドラムもかっこいい。

中でも以前からずっと好きで、今でも大好きなドラマーがエルヴィンジョーンズだ。

 

彼の素晴らしさは「タメ」と「うねり」ではなかろうか。

繊細なブラシワークも美しい。

もちろん、モーダルでアップテンポの時のドラムはめちゃかっこいい。

 

彼のレコーディングもハズレが中々無いが、とりわけ好きな盤は「puttin’ it together」だ

 

Joe FarrellとJimmy Garrison、そしてElvin Jonesのサックストリオ。

コードレス編成で緊張感のある中、各々の個性が際立つ名盤だ。

全曲良い。

Elvinとガンコオヤジ

ふと部屋を整理していたら、この盤が出てきて久しぶりに聴いた。

やはりめちゃくちゃかっこいい。

のっけのRezaで、カリプソっぽい刻みから始まるエルヴィンのドラムがたまらない

 

この盤を聴きつつ、あるジャズ屋のマスターを思い出した。

 

僕がエルヴィンを大好きになったのは、多分に彼の影響がある。

そのマスターはジャズライブハウスのオーナーであり、ドラマーでもあった。

そして、その彼の最も尊敬しているドラマーがエルヴィンだったのだ。

 

ジャズの全てを彼から教わったといっても過言ではない。

まだペーペーだった(今もだが)ベーシストの僕をことある事に呼びつけ、セッションやライブの機会を与えてくれた。

彼は厳しく、いわゆる「ガンコオヤジ」で、よく叱られた。

 

映画「セッション」では、主人公のドラマーが教師から暴力的な指導を受ける。

その前評判を期待して観た。

だが、シンバルを投げられる以外の仕打ちは、大体僕がそのガンコオヤジから受けたものに似ていた。

とても複雑な気持ちになった。

 

そのガンコさと激情っぷりに、学生のみならずアマチュアミュージシャン、時にはプロからも恐れられていた。

そんなオヤジっぷりだけ注目されがちだったが、同時にとても心の温かいの人でもあった。

人と真剣に向き合いたいから、感情を丸裸にして人と衝突する。

そんな人間臭さを持ったオヤジであった。

 

 

「楽器をやめる」なんてことは、そもそも無い

僕はそのオヤジの語る話が好きだった。

 

中でも「楽器を辞めるなんてことは、そもそも無い」という話はとても印象的だった。

 

曰く、楽器を一度始めてしまったら、プロだろうがアマだろうが、その人は一生ミュージシャンなのだ。

だから楽器を手放すことはあっても、「楽器を辞める」ということは、そもそも無い。

いつでも楽器を手にすれば、ミュージシャンになれる。

以上のような内容だったと思う。

 

かつての先輩・後輩は楽器を辞めたのだろうか

思い出せば大学のジャズ研は僕の青春であり、楽しかった。

 

ひたむきに練習するのも良し。

授業をさぼってサークル棟で友達とセッションするのも良し。

とんでもないレベルの低い定期演奏会を催し、ジャズの興味の無い友達にチケットを売ったりした。

サークルの後にみんなで飯を食いにいくのもいい思い出だし、だらだらと酒を飲みながらジャズ談義をしたり、B級映画を夜通しでみたりもした。

 

今、かつてのサークルの人達とはほとんど疎遠になっている。

ある先輩は家庭を持ち、すっかりジャズとは無縁になった。

ある先輩も家庭を持っているが、空いた時間をなんとかジャズに費やしているという。先日念願のdavid gageを購入したらしい(!)

ある同期はバリスタとして頑張っている。たまにフリーインプロのジャムセッションに行っているみたいだ。

ある後輩は、全く練習しないものの、地域のビッグバンドに所属。趣味として演奏を楽しんでいたりする。

 

上に挙げたケースは一例で、大半の先輩・後輩は楽器をほとんど触ってすらいない。

彼らの大半は楽器を辞めたのだろうか。

いや、そういう認識をしているのだろうか。

 

「楽器を手にすれば即ミュージシャン」という意識は心に余裕を生む

僕も、以前に比べめっきり楽器に触れる機会が減ってしまった。

ライブをするのも観るのもここ1年ほどしていないし、セッションに参加した回数は片手で数えるほどしかない。

 

楽器のウッドベースだが、平日は弾く機会がほとんど無く、休日は公園でちょこちょこ弾く程度。

半分物置と化してきた。

 

端から見たら、僕はジャズから遠ざかっているように見えるかもしれない。

だが、やはり僕の中では「楽器を辞めるということは、そもそも無い」という考えが染みついている。

 

楽器に触る機会がめっきり減ったのは、他にやりたいことがたくさん出てきたのが大きい。

だから相対的に楽器に費やす時間が減った。

楽器を手にすれば即ミュージシャン。

その言葉を自身の軸にして、休日ウッドベースと戯れている日常を送っている。

 

「楽器を辞めるということは、そもそも無い」という考えは、結構良い。

 

楽器を持っているにもかかわらず中々取り出す機会もなく、「あぁ全然楽器吹いてないな」と嘆く人もいる。

かつて演奏していた自分を懐かしみ、感傷に浸る人もいる。

そういった楽器と距離が出来てしまった人達の多くに、少しネガティブな気持ちがあったりする。

 

そうなった環境の変化は好ましいことだと思う。

以前と比べ、新たなライフスタイルを得た何よりの証拠だ。

 

大事なのは「楽器を辞めるということは、そもそも無い」という認識。

そして、「楽器を触ればいつでもミュージシャンに戻れる」という認識。

これらを以て新たな心の余裕を作るのは、悪くないと思う。

 

あれ、冒頭のエルヴィン関係なくなったな

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Scroll to top