二日酔いからいよいよ自分がおっさんになったことを実感した

花金

 

それは一週間頑張った サラリーマンへの ご褒美だ

 

週の初めから仲のいい上司と近所の焼肉屋行こうと約束していた。

結局同僚も参加することになり 5人でワイワイ 焼肉を楽しんだ。

 

ビールを2杯、ハイボール2杯、そして焼酎の水割り。

酒も入ってるせいかどんどん話も進む。

楽しいひと時である。

 

しかし、だ。

ふと自分の異変に気付く

 

あれれ?さっき話したことを覚えていないや。

そして、ちょっと自分の言ってることも分からなくなって来ている気がする。

もしかすると、やや呂律が回らなくなってるかもしれない

 

ほろ酔い状態を越してはいるが、気持ち悪くはなく、むしろ気分がいい

お開きになった後、仲のいい上司の家で一杯ビールを飲んで帰宅した。

二日酔いで貴重な休みの半日を潰す

翌日。

9時に起床した。

平日より大分遅い起床だ。

 

いまいちその上司の家からどうやって帰ってきたかが思い出せない。

布団の横の小テーブルには 帰宅して食べたと思われるアイスの空のカップがあった。味も覚えていない。

 

気持ちが悪い。

二日酔いだ。

 

僕は水をがぶ飲みし、布団の上で読書始めた。

いまいち頭に 内容が入ってこない。

何よりまだ眠い。

 

気づけば僕はスマホを握りしめていたまま寝ていた。

 

時計を見る。15時半である

 

なんてことだ、貴重な土曜日が半分以上も終わってしまった

 

おっさんとは

そして自分の二日酔いのひどさに気づく

大学生の頃、記憶をなくすほど飲んでも昼まで寝れば全快していた

 

それがどうだろう

今は15時まで寝ても本調子ではない

目の下にはクマができている

回復できていない証拠だ。

確実にアルコールの分解処理能力は落ちているのだ。

 

あぁそうか、いよいよ僕はおっさんになったんだな、と素直に感じた

 

おっさんとはどういう状態なのだろう

 

身体的特徴としては、腹が出ていて 清潔感がない 。そんな感じだろうか

 

スタンスで言えば、新しいことにチャレンジしない

意固地で自分の経験に基づいて意見を述べることが多い

説教が好き

こんなとこだろうか

 

人は「老い」には逆らえない

祖父の死、母の病気から 最近「老い」というものを強く認識するようになった

 

どうせならかっこいいおっさんを目指そう

「これが老いか」と感じた身近な例が、この二日酔いである。

 

いよいよ僕も おっさんになってきたということだ

どうせおっさんになるならば、ちょっとはかっこいいおっさんになりたい。

では、どうするか

 

簡単なのは先に述べたおっさん像の真逆を実行する。

そうすれば少なくてもかっこ悪いおっさんにはならずに済む。

 

腹が出ている→栄養・運動に気をつかい痩せる。プロテイン飲もう。ジムに行こう

清潔感がない→清潔感を出す。具体的には定期的に髪を切り、ヒゲを剃り、鼻毛・眉毛・その他の顔面のムダ毛に気をつけ、臭い対策を徹底する。

イケてるおっさんになるための15の見繕い情報

 

新しいことにチャレンジしない→常に新しいことにチャレンジする。興味があるものにはどんどん手を出し、実際にハマってみる

意固地で自分の経験に基づいて意見を述べる→知識・考えを常にアップデートする。また相手の意見に積極的に耳を傾ける態度をとる。

 

意識しなければ、確実に小汚いおっさんになる。

老いに抗いはしないけれど、かっこいい歳のとり方はしていきたいと思う。

 

自戒:減酒

まぁなんといっても今の僕にとって一番大事なのは、花金だからといって浮かれず、適当な飲酒量を心がけることだ。

そしてその日のうちに就寝する。

 

翌日の休みは早起きをして勉強ややりたいことに注力する。

 

一週間の疲れが溜まって飲みたい気持ちは ある

しかし 会社の愚痴ばっかり言うちょっとした飲み会で、翌日の貴重な休みの半分以上を失うのは何とも馬鹿らしい。

 

僕はお酒が大好きだ

だから断酒は出来ないにしろ、節度ある飲酒を心がけていきたい

―ハイボールを飲みながら自宅の書斎にて

 

関連記事

クラフトビールが好きで、作ってしまった話

クラフトビールが好きすぎるので自作ビールに挑戦してみた

 

焼酎は安上がり。飲みやすい焼酎を紹介

焼酎に興味のある初心者向けにオススメの焼酎を紹介しようと思う

 

宮崎の美味い焼酎を紹介

宮崎の焼酎の話をしようと思う

 

 

糸冬

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Scroll to top