鹿児島・指宿のインスタ映えスポット「新永吉の棚田」に行ってみた

僕の実家は指宿だ。

僕の故郷、鹿児島の指宿を紹介していこうと思う

 

ワケあって頻繁に帰省するのだが、実家に帰ってもゴロゴロして本を読むくらいで、普段の生活と変わりなかったりする。

 

ただ最近の僕の趣味はこのブログだ。

休みの日はブログのネタ探しに活動的になりつつある。

 

「指宿特有のものでも探してみるか…」とググると、インスタ映えしそうなスポットがあるではないか。

それは「新永吉の棚田」

 

「ネタ作りは即行動」を合言葉にフィールドレポートを行ってみた。

思った以上に綺麗な場所だったので以下に記していきたい。

新永吉の棚田とは

言ってしまえば「ただの棚田」。

だが、イッシー伝説でかつて世間を賑わせた池田湖、そして薩摩富士としてそびえ立つ開聞岳。

この2つも相まって、なんとも風光明媚な場所となっている。

 

今は「西郷どん」で鹿児島は沸いているが、数年前は「篤姫」で鹿児島は沸いた。

でこの新永吉の棚田、その篤姫の撮影場所にもなっていた。

 

歴史ある場所だ。本当に知らなんだ。

新永吉の棚田は,その昔,清見城の城主であった池田信濃守(いけだしなののかみ)が,このあたりに石を積んで棚田にしたのが始まりと伝えられている。棚田の中には,豊作の神様である田の神さあがまつられ,田植えから収穫までを見守っている。棚田の後ろには池田湖や開聞岳が見え,その美しい風景は心をなごませてくれる。―新永吉の棚田 ::: 指宿まるごと博物館|海と港のめぐみ – 指宿市

 

最も参考にしたのはこちらの記事。

僕の写真の100万倍キレイである。

【指宿市】新永吉の棚田:これぞ貴重な地域資源!古き良き風景に癒される時間

 

「こんな写真撮れたらわしのブログもっと人気出るんとちゃうか」

そう思いスマホ片手に実家を飛び出した。

 

※最初に断っておきますが、新永吉の棚田は農地です。実際僕が行ったときも農家さんとすれ違いました。

行かれる方は、決して観光地ではないことを頭に入れ、節度あるマナーを以て行動しましょう。

 

どうやっていく?

これを最初に書く必要があると思った。

断言するが車がないと無理っすわ。

道路は整備されてはいるが、山道も山道を行ってようやく着ける場所だからだ。

 

余談だが、高校卒業文集で「富士山にチャリで登れそうな人1位」の名誉を頂いたほど、僕は高校時代ママチャリを乗り回していた。

放課後の指宿~山川往復なんかは当たり前、ちょっと時間がとれると池田湖まで行ったりした。

その自己の経験からすると、力技としてチャリでも超頑張れば行ける場所だと思う。

超疲れると思うのでオススメしないが。

 

どこにある?

冒頭にも書いたが池田湖に隣接している。

棚田まで車で行けないことはないが、ほぼ車一台分しか通れない。

棚田へ続く道は、農家さんが軽トラで移動するためのものだ。

よって最寄りの道路沿いに車を停め、歩いていくのがベストだ。

 

指宿駅~停車推奨場までの経路は以下

 

フィールドレポート

ここからは写真を載せていきたい。

車を停めてから棚田までは歩いて10分ほどの距離がある。

農家さんがトラックを利用することから、道はちゃんと舗装されている。

 

僕が行った時は雨の影響もあってか、道路は少し滑りやすくなっていた。

注意が必要だ。

 

歩き進めるとようやく見えてきた。

 

やはり池田湖は九州最大の湖だけあってデカイ。

山は薩摩富士こと開聞岳。

 

天皇陛下献上米の記念碑が

 

さらに降りると棚田が見えてきた。

 

ようやく到着。青々とした景色が広がる。

「僕の夏休み」みたいだなと思った。やったことないけど。

 

田の神さあがいた。

 

青々とした景色が広がる。

またtakputさんの写真と大分印象が違った。

田んぼなので稲の生育状況や季節によって、景色の印象も変わってくるだろうなと感じた。

 

このあと予定があったので夕日と共に写真を撮ることが出来なかった。

本記事を書いてつくづく写真の下手さを感じたので、いい加減この問題に手を打ちたい。

 

まとめ

新永吉の棚田は、アクセスはし辛いが、風光明媚な場所だ。

季節によっても見える景色が違うだろう。

再訪して印象の違いを楽しみたいと思った。

 

再度注意ですが農地ゆえ、行かれる際は最低限のマナーは守りましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Scroll to top