鹿児島中央駅や天文館界隈を移動するのは「かごりん」が最強かもしれない

先日鹿児島滞在時、高見馬場から鹿児島中央駅を所要で往復した。

 

往路は徒歩だった。

そして復路に「かごりん」を生まれて初めて使ってみた。

これが意外と良かった。

というか、鹿児島中央駅から天文館へ行くなら「かごりんが最強かもしれない」と思ってしまった。

 

そこで「かごりん」の使用感も含めて、以下に書いてみたいと思う。

かごりんとは

「かごりん」とは、主に鹿児島中央駅~天文館~ウォーターフロント(以下本記事では「主要3エリア」とする)に設置された、シティサイクルだ。

鹿児島市コミュニティサイクル「かごりん」

 

なんでもエコと観光振興のために2015年に出来たものらしい。

 

事前登録不要。

必要なのは携帯電話と、現金orクレジットカードor電子マネーorICカード。

使用料金1日200円。

30分以内の利用で追加料金無し。

 

現在、主要3エリアを中心に、25箇所のサイクルポートから利用可能だ。

 

かごりんの乗り方

かごりんの利用方法は以下のページに乗っている

http://www.kys-cycle.jp/kagorin/guide/

 

流れとしては

  • 登録
  • 支払い
  • チャリに乗る
  • 返却

 

以下実際に使用した所感も交え、利用方法を追っていく。

なお今回、僕は鹿児島中央駅東口を利用した。

こんな感じでチャリが停めてある。

 

登録

ポートは野ざらしだ。

灰による環境要因なのか、利用回数の多さで摩耗しているのか、3年経過による劣化なのか、数字入力箇所がガッサガサになっていた

またボタンの感度がすこぶる悪かった。鹿児島中央駅東口だけかもしれないが。

 

利用登録の看板が一応設置されている。

 

支払い

今回は電話番号登録して、支払いはクレジットカードを利用した。

支払いは瞬時に完了はしなかったが、そこまで待たずに決済出来たと記憶している。

 

チャリに乗る

今回僕は駅前から高見馬場のサイクルポートまで移動した。

 

チャリの見た目は、さすがに使い込まれているからかボロさは否めない。

 

あと、乗車時の安定感だが、良くはない。

乗る分には問題無かったが「こまめにメンテされてるのかな?大丈夫かな~」と思ったりもした。

 

返却

ポートの自転車置きに返す。

前輪のタイヤ置きがあるので、そこに前輪をつっこむ。

すると自動でロックがかかって返却完了だ。

 

利用はいたって簡単であった。

 

かごりんの設置場所

基本は3つのエリアで区分されている。

 

鹿児島中央駅周辺

 

天文館周辺

いわゆる飲み屋街

 

ウォーターフロント

水族館付近である。

またよく2chまとめ等でネタにされる鹿児島駅もこのエリアだ。

 

観光客が利用するなら以上の3エリアだと思う。

他にも与次郎の方だったり、鹿児島大学付近にもあったりする。

学生も通学で使ったりするのだろうか。

 

なぜかごりんがいいと思ったか

なぜ「かごりん」を良いと思ったか。

それは「サクっと使える気軽さ」だと結論づけた。

 

ここでは鹿児島中央駅~天文館の移動を想定して、他交通手段と比較してみたい。

 

交通手段を大別すると

主要3エリアの移動手段だと、徒歩、バス、市電、レンタカー、タクシー、かごりんに大別できると思う。

ここであらかじめレンタカー、タクシーは外しておきたい。

主要3エリア間の移動だとレンタカー、タクシーともにかなり割高になるからだ。

 

料金

徒歩は、まぁ無料。

 

バスは大体200円前後(鹿児島中央駅~天文館が190円)。

市電は一律170円。

バス・市電で驚くべき点は、ICカードが地域特有のものしか使えず、suicaはおろかsugocaすら使えない

 

かごりんは基本的に1日200円だ。

30分以上使用で100円追加されるが、3エリア利用であれば30分以内で大体アクセスできちゃう。

30分越えそうならサイクルポートに一回停めればいいし。

 

しかも支払いが現金以外にクレジットカードやnanaco、waonの電子マネーもok。

ICカードはsuicaやsugocaも大丈夫だ。

キャッシュレスにきちんと対応している点が良かった。

また頻繁に利用する人には月額会員制度もある。

 

利用場所

徒歩は、自分の足で歩けるのでどこでも行ける。

 

市電は沿線のみに停留所がある(当たり前だけど)。

バスも道路沿い。

 

かごりんのサイクルポートは設置場所が限られてはいる。

だが天文館公園横だったり、ドルフィンポート前だったり、与次郎付近にもあったりする。

市電・バスと比べるとピンポイントなとこまでアクセス出来る。

 

所要時間

徒歩は結構歩く。中央駅~天文館だと20~25分くらい。

 

バスは鹿児島中央駅~天文館は6分。市電だと7分。

https://www.jorudan.co.jp/norikae/route/鹿児島中央_天文館通.html

所要時間は短い。が、乗車のタイミングを逃すと痛い。

市電だと大体十分前後間隔なのだが、バスだと1時間に2本レベルだ。

 

かごりんは厳密に計測してないが、普通に考えて徒歩の半分以下の時間だろう。

利用時間の制限がないのも良い点の1つだと感じる。

 

以上の観点と実体験から、サクっと主要3エリアに行くとしたら僕はかごりんがベストだと思った。

 

注意点

かごりんのデメリットだが、まず雨の日は難しいだろう

また僕が利用した時もそうだったのだが、降灰時目がやられる

 

まとめ

鹿児島中央駅~天文館~ウォーターフロント間の移動で、天気が悪くなければ、キャッシュレスにも対応しているし、登録の手間に目を瞑れば、かごりんは気軽に使えて最強

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Scroll to top