クラフトビールが好きすぎるので自作ビールに挑戦してみた

美味いのを飲むと、気分が良い。

つまみはいらず、ただただ味わうのが至福のひと時である。

 

何の話か?クラフトビールである。

 

今、クラフトビールはブームだ。

各地で美味しいものが作られていて、各々個性があって面白い。

日本のビールといえば「ピルスナータイプ」で喉越しやキレを追求するものが多かった。

それが1994年の酒税法改正で地ビールブーム。

一時期落ち込んだものの、今クラフトビールとしてじわじわ人気が出ている。

 

特にエール系が人気だ。

フルーティで香りが高いものも多く「これがビール?」という印象を持つ人もいる。

エール系を飲んで、ビールが好きになった人もいるほどだ。

 

さて、僕は以前醤油・味噌会社に勤めていたこともあり、醸造には大変興味がある。

ビールも醸造によって造られる。

発酵と醸造の違いについて簡単にまとめてみた

 

「美味しいビールを造ってみたい」

熱い志を抱き、カイドー青年はビールを作ることにしたのである。

 

※アルコール分1%を超えるお酒は「酒類製造免許」が必要。

後ほどレシピを後述しますが、シロップ量を増やしたり、水を減らしてりしてアルコール量を増やすのはおやめ下さい。

参考サイト

最初に参考サイトを紹介したい。

オトコ中村の楽しい每日

 

まず、コンテンツ力が半端ない。

実は、僕は本気のテンメンジャンを作ろうと思って検索したら中村さんのHPにたどり着いた。

‎甜麺醤(テンメンジャン)を中国古来の小麦粉を発酵させる方法で作る

中村さんはガチでテンメンジャンを作られていて、元醸造家などと自負していた自分が急に恥ずかしくなってしまったほどだ。

 

 

※市販の大半のテンメンジャンは八丁味噌や桜味噌をベースに砂糖や油で煮込むなどして作られている。

日本で売られているテンメンジャンのほぼ全てはこの方法で作られている。

一方、本場のものは小麦を発酵させて作る。

とってもめんどくさいのだ。

そしてなんと、中村さんはこのやり方でテンメンジャンを作っていた…!

 

見ていてワクワクするサイトだ。

 

 

レシピ

〈材料 5リットル分〉

モルトシロップ 160g

ホップ 7g

水 約5リットル

ドライイースト 2.5g

砂糖 30g

〈その他〉

5リットル入る容器

炭酸が入っていたペットボトル 5リットル分

「ビール作りに挑戦」より引用

 

砂糖、炭酸の入っていたペットボトルは後で使う。

よってそれら以外を集めればビール作りは始められる。

 

さて、「ビール作りに挑戦」にもある通り、大麦を糖化させるのは難儀らしい。

手っ取り早くビールを造りたいのもあったため、僕もモルトシロップを使用することにした。

 

手順

モルトシロップを溶かす

温めた水にモルトシロップを溶かす。

僕は適当にケトルで沸かしたお湯を軽く水で割った。

ここで高温にしすぎると、冷ますときに大変なので注意。

 

 

ホップティーを作る

ホップを計量。

その後ケトルで沸かしたお湯をそそいで待った。

これも冷ますのが大変なので時間の余裕を見たほうがいい。

 

寝かせる

容器にモルトシロップ液、ホップティー(ホップはもちろん濾す)、残りの水を容器に入れる。

温度は常温ほど。高すぎてはいけない。なぜならイーストの活動を妨げるから。

で、ドライイーストを入れる。

注意点としては炭酸ガスがどんどん発生するので、口は明けたほうが良い。

特に最初ガンガン発酵したので、口を閉じておくと容器がパンパンになる。

くれぐれもガスの逃げ道を。

 

ちなみに混合したての写真は取り忘れた。

下の写真は2日目。

ガスの逃げ道がないと、パンパンにふくれてしまうことが容易にわかるであろう。

 

分注&炭酸生成

8日待つ。

中村さんはここでほとんど落ち着いたとあったが、僕の場合4、5日目くらいで落ち着いた印象。

不安だったがとりあえず8日おいた。

 

ペットボトルを用意する。

やはり炭酸が入っていたやつがいいだろう。

 

砂糖を計量して各々のペットボトルに入れる。

この分注の際、液を味見してみた。

なるほど、シロップの甘さは消えており、ビールの雰囲気は出ていた!

分注の際は酵母が入らないように。

僕のようにミスるとここまで濁ってしまう。

 

で、また一週間ほど待つ。

 

実飲

1週間たったので飲んで見る。

炭酸はある。確かにビールの雰囲気はあった!

まずくは無い。ただし美味くも無い…

 

さらに寝かせてみる。

パチパチ微炭酸。そしてビールっぽさはある。

 

その後、そのまま放置してたまに飲んでいる。

やはり、おいたほうが美味い気がする。

中村さんは日本ピルスナーとイギリスペールエールの中間と書かれていたが、まさにそんな感じ。

 

2018年5月4日、コップに注いだ動画を取ってみた。

 

いくらかかったか?

今回購入したのは

モルトシロップ180g 880円

ホップ100g 822円

容器 500円

ペットボトル 95円×10本=950円

合計 3152円

 

ホップはまだまだ余っている。

モルトシロップを都度買わないといけない。

容器とペットボトルは使い回せる。

こう考えると、趣味のビール造りは案外安いのではと思う。

 

考察

方向性は悪くない。ビールっぽさは感じる。

ただ中村さんがおっしゃっているように、イースト臭が気になる。

エール酵母を使いたい。

 

また、僕が一番好きなのはIPAだ。

ホップをもっとガツンと効かせたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Scroll to top