コストコのPBらしいクラフトビールを買ってみたら意外と良かった

田舎から出てきたカイドーはコストコなるものに興味があった。

前の職場の人から、コストコは安いし、何でも揃うから便利だ、と聞いていたからだ。

 

「なるほど、鹿児島のA-Z(*)みたいなものか。行ってみるか」

(*:A-Zとは鹿児島にある年中無休24時間営業の巨大スーパーである。食鮮品から車、はては墓石まで揃う、鹿児島県民が集うヒップな場所だ。)

 

そう思った僕は、引っ越してすぐにコストコに行った。

そしたらPBらしいクラフトビールがあり、買ってみたら意外と良かったので紹介したい

実はコストコがあまり好きではない

さて、正直なところ、僕はあまりコストコが好きではない。

理由は5点。

1.年会費が高い(4000円ちょいくらい)。その分、元をとろう!という感じが一般的らしいが…

2.大勢の人がいる中、バカでかいカートを巧みに操作しなければならない点。

3.物にもよるが、たいして安くはない点。

4.商品のバリエーションも、そんなに無い点。

5.会員証の顔写真が犯罪者っぽい点(これは完全にこちらに非がある)

などなどだ。

 

初めて行った時、「もう2度と行くことはあるまい」、と思っていた。

しかし、頭の片隅にずっと気になっていた商品があり、それを試してみたい衝動にかられた。

その気になる商品とは、クラフトビールである。

 

基本的に金曜土曜しか酒を飲まないのだが(翌日ポンコツになるので)、突然クラフトビールが飲みたくなり、「以前見かけたアイツを飲むしか無い」という気持ちが抑えきれなくなったのだ。

そういうわけで、昨日また行ってきた、というわけだ。

 

昨日のお買上げ商品は2点だ。

ピザ1枚、それからクラフトビール1ケースだ。

 

ピザ1500円、クラフトビール4500円 計6000円ほど。

 

一般のコストコ客からしたら、購入点数が異常に少ない。

皆が皆アメリカかよ、ってくらいカートに目一杯商品を積んで買い物をしているからだ。

 

コストコから帰宅し、早速ディナーの準備をする。

 

買ったもの1:ピザ

まずピザ。でかい。

写真を撮るのとサイズを量るのを忘れていたが、家のオーブンレンジには入らない大きさであった。

4等分して、やっとオーブンで焼ける大きさだ。

加熱時間は200℃で15分とあった。

実際は、予熱をかけていた家のオーブンで、大体200℃20分強でいい具合だった。

 

店舗には三種類のピザがあった。マルゲリータっぽいもの、2種類のチーズぶっかけ、海鮮ものであった。今回は2種類のチーズぶっかけを購入した。

 

味の感想は、思ったより普通

生地はイタリア風の薄いものではなく、アメリカンな分厚いものだ。

乗っているチーズは、普通にスーパーに売っているプロセスチーズっぽい感じであった。

もう少しお店で食べるような味を期待していたのだが、ジャンキー感が否めなかった。

実のところ、クワトロみたいなものを想像していたので、ちょっとがっかりした。

それでも数日前食べた◯ミノピザよりはマシだと思った。あれはヤバイ。

 

まぁコストコのは超ビッグサイズだし、それで1500円くらいだから、チェーンの宅配ピザよりはいいのではないかと思った。

 

買ったもの2:PBのクラフトビール

さて、次に目当てのクラフトビールだ。

pale ale、kolsch、ipa、session ipaの4種類だ。

1本354mlで各6本。合計24本で1ケースだ。

 

kirk land signatureというメーカーだ。

見慣れないブランドだが、どうやらコストコの自社ブランドらしい。

 

常温か冷蔵が美味いのか判断しかねたため、とりあえず冷蔵庫に各種ぶちこんで冷やして飲んでみた。

以下感想。

 

pale ale

あ、エールだな、という感じ。

ただ最近は日本のクラフトビールばっかり飲んでいて、わりとフルーティなものが多かったため、純粋な苦さを感じた。

それでもラガーのそれとは違う。

まぁ、悪くはないかな、というのが正直な感想だ。

 

kolsch

ケルシュ自体、別に好きでも嫌いでもない。

こいつはクセのない感じ。

まぁ好きでも嫌いでもないな、という感想だ(雑すぎる)。

 

ipa

僕はipaが大好きなのだ。

最近はクラフトビール屋に行くとipaばっかり飲んでいる。

さて、そんな自称ipa評論家の僕だが、このipaは、まぁ普通であった笑

うん、ipaだな、という後からくる苦味がしっかりあった。

若干苦味は強めかな、という印象。

フルーティさは無い。

 

session ipa

これが一番美味しかった

フルーティ厨ではないけど、フルーティさがあり、ほどよく苦味が効いて美味しかった。

某メーカーの「◯ビール◯ビール」という商品があるが、あれのいい香りを削って、苦味を強めた感じである。

いや、美味しいのですよ。

 

以上が拙い各ビールの感想だ。

激安スーパーはわからないが、一般的なスーパーではクラフトビールは高い。

キリンやアサヒの普通のビールよりも高めである。

一方、今回購入したこのビールは1本180円ちょいくらいか。

個人のべろメーターにもよるだろうが、この値段でクラフトビールを楽しめるのなら、まぁ悪くはないかな、というのが正直な感想だ。

 

他に買いたいのはoikosくらい?

商品のプライスはほんとに微妙なラインで、「あと、もうちょっと…もうちょっとだけ安くなってくれよ…!!」みたいな価格帯が多い印象だ。

 

一方oikosヨーグルトは、コンビニでもスーパーで見ても、1個120円ちょいくらい。

このヨーグルト、栄養価的にはとても優れていて(高タンパク、脂肪0)、トレーニーの味方である。

コストコではこれが1000円くらいで売られていた。

1個あたり100円切るので、安い。

貧乏トレーニーの僕はかなり惹かれた、今回は買わなかったが。

 

というわけで、コストコは本当に物による。

 

また完全に余談ではあるが、店内のお客さんを観察すると、標準BMIオーバーしていると思われる方が結構いらっしゃる。

コストコに通うから太るのか、はたまた太めだからコストコに満足を求めるのか。

卵が先か鶏が先か、みたいなことを店内でブラブラしながら思った次第だ。

 

しかしそれにしても、あの人の多さとバカでかいカートの操作にはうんざりで、多分今後も滅多なことでは行かないだろう。

人によるのだろうが、僕はちょっとあの空間が苦手だ。いずれ会員も抜けると思う。

 

というわけで、今月の下旬あたりに、simフリーの端末を購入しに、また潜入調査を予定している(結局行くんかい)

 

関連記事

クラフトビールが大好きで、ついに作ってしまった話

クラフトビールが好きすぎるので自作ビールに挑戦してみた

 

糸冬

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Scroll to top