本の内容を忘れてしまう人のための読書法 「レバレッジ・リーディング」

カイドーは本が好きだ。

元々そんなに読書をする方ではなかった。

よく本を読むようになったのはここ2、3年の話だ。

 

読むジャンルだが、最近はビジネス書が多い。

以前は何となく敬遠していたのだが、あながちバカに出来ないな、と感じることが多い。

読書が高尚なものとは決して思わないが、何かしら自分にとってプラスになる。

 

さて、日常的に読書をする上で、以前ある悩みがあった。

本を読んでも、少し時間が経つと中身を全然覚えてないのだ。

読んだ直後は「よし、やるぞ」という気持ちになったり、「この方法、明日業務で使ってみよう!」と思うのだが。。。

 

一時期、自分の頭の悪さに絶望していた。

後に有名な「忘却曲線」を知り、しょうがないことなのかなぁとも思った(翌日はほぼ忘れてますからね)。

しかしその一方で、本を読んでも忘れてしまう問題への対処法は全くないのだろうか、と悶々としていた。

 

そんな中、出会ったのが「レバレッジ・リーディング」だ。

著者の語る読書の重要性

著者は本田直之氏

「一万円起業」の翻訳などでも有名である。

 

冒頭、氏は読書の重要性について以下の様に述べている。

ビジネス書の値段は、だいたい一二〇〇~一八〇〇円です。仮に一冊一五〇〇円としましょう。この一五〇〇円の本から学んだことをビジネスに生かせば、元が取れるどころか、一〇倍、いや、一〇〇倍の利益が返ってきます。これはわたし自身や周囲の成功者の実績から弾き出した数値です。

(中略)

一〇〇倍ということは、一五〇〇円が一五万円になるのです。つまり、わずか一五〇〇円の本の中に、一五万円の価値が隠されているのです。読書ほど格安の自己投資はありません。

 

レバレッジ・リーディングとは

著者は本をめちゃくちゃ読むらしいのだが、レバレッジ(てこ)をかける「レバレッジ・リーディング」を実践しているとのこと。

本書の後半では、そのレバレッジ・リーディングのやり方が載っている。

 

読書後のフォローは絶対必要。 線を引いたところを抜粋した「レバレッジメモ」を作る。 メモは常に持ち歩き、空き時間に何度も読む。 メモはパソコンで作ってプリントアウトするだけ。 メモはテーマ別、データ別、引用文に分類すると使いやすい。 基本的に一度読んだ本は、よほどの良書でない限り、もう読み返さない。 メモの内容を実践で活用し、条件反射的に行動できるようにする。

 

簡単にいうと、線を引いた箇所のみを抜粋したメモを作り、常に持ち歩いて繰り返し読んで、頭に叩き込め!ということだ。

 

僕はこれに感化され、一時期レバレッジ・リーディングを実行していた。

 

ただ、その中で問題となったのが、レバレッジメモを作る手間だ。

本の線引箇所をPCに打ち込むのに時間がかかって(かかりすぎて)、いまいちレバレッジを感じることが出来なかった(メモを作って達成感を味わっていたのは否めない)。

著者はアルバイトをやとってメモを作っているとのことだが、貧乏リーマンである僕にはとてもそんな余裕がない。

そこで、ちょっとだけレバレッジ・リーディングを自己流に改良している。

 

レバレッジ・リーディングと相性のいいkindle

最近の読書は専らkindleを用いる。これが非常にレバレッジ・リーディングとの相性がいい。

Kindleでの読書では、驚くほどスルッとマーカーを引ける。

そして線を引いた箇所はkindleのサイトでマーカー箇所のみ抜粋して見れるのだ。

 

これをコピペしてメモを作り、自分のクラウドに放り込んでいる。

するとPC・スマホどちらからでもチェック出来るレバレッジ・メモをストック出来る。

現状、この方法で読書をしている。

 

インプット→アウトプットは勿論早いほうがいい。

堀江貴文氏は「本なんて読んだらすぐアウトプット」とどこかで語っていた。

本当は、本を読み終えたらツイッターで「要約+自分の考え」をツイートするのが最適解なのかもしれない。

 

それでも僕は自己流レバレッジ・メモを続けるだろう。

シナプスの様に点と点がつながる瞬間とは、自分のレバレッジ・メモを画面に並べて考えている時だったりするからである。

 

多分。

 

糸冬

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Scroll to top