「ジャズ教えて」って言うけど、一応お洒落な音楽じゃないことは忠告する

僕はジャズが大好きだ。

それもあって、しばしば「ジャズ教えて」とか「ジャズのCD貸して」と言われたりする。

 

別に人それぞれ。どういうふうに音楽を楽しもうが勝手だと思っている。

だがあえて言わせてもらうと、ジャズはお洒落じゃないからな。

 

今回僕がジャズを始めた経緯を含め、ジャズはお洒落じゃない論を展開したい。

本当はジャズをやるつもりはなかった

昔から音楽は好きだった。

中学に入ると邦楽ロック、高校に入ると洋楽を聴くようになった。

ロックの名盤100とかいう本を買って、それに載っているCDを聴いたりした。

ドヤ顔で「え?ピンク・フロイド知らんの?」とか友達に言っていた。

 

かっこいい洋楽を聴くにつれ、バンドに憧れを持つようになった。

残念ながら高校時代は楽器を買うお金が無く、また一緒にバンドをやる友達もいなかった。

そこで大学では軽音部に入って、楽器とか弾いてバンド活動して、モテようと思っていた。

 

しかし、結果的に軽音には入らなかった。

軽音部に見学しにいったのだが

「こいつらは本気で音楽をやってねぇ…!」

そう感じたのである。

決してノリが馴染めなかったとか、好きなバンドを笑われたりとか、あんまり美人の方々がいなかったとか、そういうのも含めるが、まぁ、そう感じたのである。

 

でも、どうしても音楽をやりたかったカイドーは、あまり興味の無かったジャズ研に見学に行った。

そこにはお世辞にも明るいとは言えない独特の雰囲気があった。

そんな中、先輩達が曲を演奏してくれた。

確かchick coreaのspainだったと思う。

生茶のCMで聴いたことがあるかもしれない、あの曲だ。

 

正直何をやってるのかさっぱりわからなかったが、ギターとベースの先輩が何やら目配せをして、ニヤニヤして、たまに笑ったりしながら演奏した。

なんとなく、楽しそうだな、と思った。(そして少しホモっぽいな、とも少し思った。)

そしてジャズ研に入った。以来、ずっとジャズの虜である。

 

ジャズはお洒落じゃない。人間臭さを感じてみよう

ジャズは自由な音楽だ。

即興演奏が曲の大半を占めるため、同じ演奏、というのは存在しない。

即興演奏ゆえに、演奏者の個性が出る。

おしゃべりな人もいれば、素っ頓狂な人もいて、クールな人もいれば、暑苦しい人もいる。

 

一般的にジャズは「御洒落」だと認識されていると思う。

街のBGMはどこに行ってもジャズだ。

スタバはもちろん、居酒屋や果てはラーメン屋でもジャズがかかってたりする。

その一曲一曲にはプレーヤーの即興演奏があり、個性があり、自由がある。

 

個人的には、ジャズは御洒落とはほど遠い、熱く泥臭い、最高の音楽だと思っている。

 

(2018.4.14追記)

たまーに印象に残ったCDを紹介している。

怪物albert mangelsdorff の trilogue live!

個人的発見をした時の高揚感 ONJQ “ONJQ Live in Lisbon”

彼の音楽と、音色に関して ingebrigt haker flaten “Elise”

 

糸冬

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Scroll to top